美容整形は一昔前は、芸能界で活躍している方がより美しさを求めて、鼻を高くしたり、目をぱっちりさせたりするものでした。昔は情報もほとんどなく、一般人には無縁のものという印象が強くありました。昨今はメディアやインターネットの普及に伴い、情報が多岐に渡るようになり、また人々の美意識の向上もあり、美容整形は一般社会に溶け込んできています。アイプチというのり状のものがあります。

これは一重の方が瞼にのりをつけ、ラインを形成して二重を作るものです。若い女性を中心に人気が出ました。誰でも簡単に二重が作れるので人気は高いですが、瞼の皮膚は薄いので、繊細であり、腫れやすいこともあって、毎日すると、肌に負担がものすごくかかります。また時間もかかりますし、洗えば効果がなくなるので、効率が悪いです。

プチ整形という美容整形があります。メスを使わない日帰りの手術です。二重ならば、埋没法という手術があります。瞼の裏を2点か3点の糸で縫い合わせ、二重のラインを形成します。

糸で縫うので、効果は個人差はありますが、一生ものです。医師にどういう二重のラインにするかをカウンセリングで打ち合わせし、手術自体はすぐに終わります。ダウンタイムが必要で、しばらくは目元が腫れますが、そのうちに馴染んで、自然な二重になります。二重になると、目元のメイクが楽しめますし、性格も明るくなれます。

自分に自信がつきます。コンプレックスも解消できる、プチ整形はとても画期的な手術です。