美容整形をした場合、やはり誰でも周りにはバレたくないと思うのが普通のことでしょう。しかし、顔の全般、特にまぶたの周辺などは施術を受けたダメージで1~2日、人によってはもっと腫れていることもあります。整形を休日に受けに行ったとしても、会社に行く次の日にまぶたが腫れていてはやはり周りにも気づかれやすくなることでしょう。そのために、美容整形したあとのメイクのポイントがいくつかあるのをご存知でしょうか。

それは、なるべく濃いアイラインやアイシャドウをして濃い目のメイクをすることです。特に、腫れているまぶた周辺は、紫や青などの色の濃いシャドウをするとあまり目立たなくなります。また、ふさふさのつけまつげやボリュームたっぷりのマスカラをつけることで、まぶたの腫れに周りが注目しないようにすれば、美容整形したこともバレなくて済むでしょう。誰かに、「今日メイク濃い目だね」と言われたら「このあと合コンなんだ」「結婚式の二次会があって」など、相手が納得する返しを考えておくと信憑性が高くなります。

また、家に帰ったらすぐメイクを落として、腫れが少しでも早く引くようにまぶたや施術をした部分を冷たく濡らしたタオルなどで冷やすことも大事です。しかし、早く腫れを引かせたいからといって直接氷を当てるなどの無茶な冷やし方はやめましょう。焦らなくてもいつかは必ず腫れは引くので、しっかりと術後のケアをしてゆっくりと安静にしていることが大切です。新宿で二重治療のことならこちら