大きく口をあけて笑った時に、前歯の歯茎が見えてしまう症状をガミースマイルといいます。近年、この症状に悩んで美容整形外科に相談される方が多いです。ガミースマイルになると、相手に対して下品な印象を与えてしまいます。また、歯茎が気になって思いっきり笑えない人も多いです。

この悩みを解消するために、整形外科ではボトックス注射での施術を行っています。これは、ボトックスという筋肉の収縮を抑制する薬を上唇に注射して、筋肉の動きを止めるものです。筋肉自体が動かないので、笑っても口が大きく上まで引き上がらず歯茎が見えません。この治療のメリットは、注射だけなので治療時間はわずか数分であることです。

また、大きな施術も必要ないので、精神的、肉体的な負担もないです。ダウンタイムもないので、気軽に受けることが可能です。一般的な費用は、大体5万円くらいです。とても有効的な施術ですが、1つだけ認識しておかなければいけないことが有ります。

それは、ボトックス注射の効果はあまり長くは続かないことです。そもそも体には外部からの異物を排除する機能があるので、ボトックスの成分は少しずつ体外に排出されてしまうからです。治療の効果の持続期間は、個人差はありますが、大体半年から1年くらいといわれています。なので、せっかく整形外科で施術を受けても元の状態に戻ってしまいます。

根本的に治療をしたいと考えているなら、費用はかかりますが骨を削るなどの施術を考慮する必要が有ります。