女性が抱える肌悩みの一つがしみです。紫外線などの刺激から肌を守るためのメラニン色素の残骸がしみなのですが、これがあるとかなり老けて見えてしまうのです。そこでそのしみをなくそうと色々な方法を試みるわけです。しかししみをセルフケアできれいにするのは非常に難しい。

そこで諦めて現状維持、しみを作らないと予防ケアに変換するのです。しかしそれでもどうしてもしみをなくしたいとなると、美容皮膚科などでしみ治療をすることになるのです。美容皮膚科では専門的な方法でしみ治療を受けられます。広く知られているのがレーザー治療で、しみをかさぶたにしてきれいに剥ぎ取る方法ですが、それ以外にもマイルドな光で徐々にしみを薄くしていく方法や、クリームを塗ってターンオーバーを強制的に行うなどの方法もあります。

これらの方法からそれぞれの症状に合わせて最適な方法を選んで実施するわけです。しかし、美容系の治療一般的に言えることですが、絶対に成功するとは言えないといった問題があります。レーザー治療であればかさぶたにしてきれいになってもまた再発したり、前よりもひどくなる可能性もあります。またクリームにアレルギー反応を起こして赤くなったりする可能性もあるのです。

このように美容皮膚科などで行うしみ治療は100%安全とは言えない、命には関わらないけれど症状がひどくなる可能性もあるといったリスクを伴うことは良く理解してから治療に入ることです。