美白化粧品でケアしても、なかなかシミが消えない・・という悩みを抱えている方も多いでしょう。実は市販の化粧品は肌の1番上にある、角質層にまでしか、美容成分が浸透しない作りとなっています。シミは角質層のもっと下にある、基底層という部分にメラニン色素が沈着して起こる為、美白化粧品だけでは改善する事が難しいのです。気になるシミは美容皮膚科などで受けられる、シミ治療で改善する方法が、1番効率的と言えます。

クリニックでの治療といえば、レーザーが主流ですが、「レーザーを肌に当てるのは怖い」・「痛みが心配」と感じる方も少なくないようです。レーザー治療に抵抗を感じるのであれば、トレチノインによるシミ治療を検討してみましょう。トレチノインはビタミンA誘導体の1種で、クリニックでは外用薬の中に含まれている成分です。クリーム状となっているので、気になるシミに塗るだけの簡単なシミ治療となっています。

トレチノインは浸透性に優れており、基底層部分にある細胞の働きを活性化する作用を持っています。細胞が活発になると、どんどん新しい細胞が生まれる為、メラニン色素が沈着した細胞を皮膚表面へと押し上げるスピードが速まります。最終的にメラニン色素を含んだ細胞は、垢として剥がれ落ちる仕組みです。ただ外用薬を塗るだけですので、痛みはありませんしビタミンAは元々、人間の体内に存在している成分という事もあり、アレルギー反応も起こりません。

安心して受けられるシミ治療として、トレチノインは選ばれています。