シミは、メラニン色素が皮膚内に沈着することでできる茶色状のもので、紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れ、遺伝など様々な要因があります。これらは基本的に皮膚科でシミ治療することで改善が見込めますが、シミは種類が多い上に種類によって有効な治療方法が違いますし、複数のシミが混在していることもありますから、どのような治療法が効果的なのかを判断するために皮膚科での治療を選ぶ方が安心です。皮膚科でのシミ治療は、美白効果のある外用薬と体の内側から肌を白くする効果のある内服薬を使用するのが一般的です。皮膚科では皮膚やシミの知識がある医師がシミの種類を特定して薬を処方しますが、医薬品であるので有効成分が高濃度で配合されているので治療効果が高い分副作用が起こる可能性もあるので、必ず医師の指示に従って使用する必要があります。

シミ治療に使用する外用薬には、漂白作用が高いハイドロキノン、コラーゲンを生成して肌のターンオーバーを促進し、メラニンを排出して肌にハリや弾力などをもたらす効果のあるトレチノインが使用されます。内服薬には、メラニンを生成するメラノサイト活性化因子をブロックしてメラニンの発生を抑えるトランサミン、抗酸化作用によってメラニンに働きかけて色素沈着を緩和するビタミンC誘導体、肌を若返らせる成分と言われるビタミンE、メラニンを還元する作用が強いL-システインといった医薬品が処方されます。皮膚科でのシミ治療は、症状によっては保険適用されるものがありますが、すべてのシミ治療が保険適用されないので、受診前に確認しておくとよいでしょう。