二重になれる美容整形

目の形は人によって決まっているので、簡単に変えることはできません。年齢によって多少目元が変化することはありますが、一重だった人がいきなり二重になることはありません。目は第一印象を左右する重要なパーツなので、美しくありたいと願う女性は多いです。この希望に対して、美容外科では二重にする美容整形を受けることが可能です。

一重と二重はもともとまぶたの内側にある筋肉のつき方が異なります。眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉があって、腱膜(けんまく)を介して目の上にのびる瞼板(けんばん)という軟骨と繋がり、筋肉の運動によって瞼板が引っ張られると目が開く仕組みが備わっています。一重も二重も基本の仕組みは同じですが、眼瞼挙筋の繋がり方に違いがあり、一重は眼瞼挙筋が瞼板だけに繋がっているのに対して、二重では筋肉が枝分かれして皮膚にも繋がっているため、目を開けるときに二重のラインを作ることが可能です。この一重の状態を二重にするための美容整形には、埋没法と切開法があります。

切開法はメスを使わない方法なので、プチ整形とも呼ばれています。糸で縫って瞼をとめる方法なので、手軽にできるのがメリットです。ただし、糸が取れて失敗してしまうことがあります。これに対して、切開法はメスで瞼を切開して二重のラインを作るので、半永久的な効果を望むことが可能です。

メスを使うのが怖いという人は、目の状態を見てもらってどの美容整形方法が適しているか調べてもらうといいです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.